消費者金融おすすめ口コミランキング

 

 

プロミス

プロミスの特徴

  • はじめての借り入れ翌日から適用される30日間無利息
  • 手数料無料の借り入れと返済方法が充実している
  • 三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があるとインターネット返済と振込キャッシングが24時間手数料無料で対応
  • プロミス自動契約機のほか三井住友銀行ローン契約機も利用できる

実質年利 4.5%〜17.8%
融資限度額 500万円
おすすめ度 評価5
プロミスの総評

オペレーター対応への評価が非常に高いプロミスは、サービスも充実しているため人気、実用性ともにナンバーワンの消費者金融。三井住友銀行口座かジャパンネット銀行口座があるとインターネットで申し込みから契約までを進めても充分に最短で即日融資の可能性があり、それ以外でもインターネット申し込みと自動契約機の併用で最も最短で即日融資の可能性が高い消費者金融。

 
 

モビット

モビットの特徴

  • カードレスキャッシングのWEB完結がある
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • 条件をクリアできれば新規申し込み時の郵送物と電話連絡がなくなる

実質年利 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
おすすめ度 評価4
モビットの総評

WEB完結が人気のモビットは、借入方法が振込キャッシングだけとなるため平日の14時50分までに手続きを完了させている必要がある。カードレスではなくてもカード申込もインターネットから申し込みができるため利用方法に合わせて選択できる。WEB完結は、カードなし・電話確認無し・郵送物なしの3拍子そろっていることが魅力。

 
 

アコムの特徴

  • 契約翌日から適用の30日間無利息がある
  • 一部の三菱東京UFJ銀行内にアコムの自動契約機がある
  • 楽天銀行口座があるとインターネット返済と振込キャッシングが24時間手数料無料で対応
  • 35日ごとの返済がある

実質年利 3.0%〜18.0%
融資限度額 800万円
おすすめ度 評価4
アコムの総評

即日融資も可能ではあるものの、平日の14時までに必要書類をFAXで提出することが条件。そのためインターネットで申し込みをして審査結果を受け取り、自動契約機で契約とカード受け取りを行うことが最も効率が良い。ただし、即日融資で初めての振込キャッシングの場合には振込み対応時間が延長される口座もある。

 
 

レイクの特徴

  • 審査が早い
  • 180日間の無利息もある
  • ATM利用手数料無料

実質年利 4.5%〜18.0%
融資限度額 500万円
おすすめ度 評価3
レイクの総評

無利息期間が長いため5万円以下のキャッシングならレイクと人気が高い。また審査の速さは口コミでも目立っており、パソコン、スマートフォン、携帯電話で申し込みをすると画面上でそのまま審査結果の案内がある。(すぐに確認できるのは8:10〜21:50まで)

 

 

失敗しない!消費者金融はじめての選び方

どうやって選ぶの?どこも同じでしょ。そんなあなたのために大事な比較ポイントを比べていくよ!

 

消費者金融を初めて利用するとき、「どの業者を利用したらいいのか?」たくさんあるから悩んでしまいますよね。

 

プロミス、アコム、モビット、アイフル、レイク・・・テレビCMでも有名な大手消費者金融だからといって、すぐに申込んではいけません!!
同じ大手であってもサービスには違いがあるからです。

 

大手消費者金融であるという大きな安心感は共通するものの、その申込みには違いがあることを比較してみましょう。

 

  プロミス モビット アコム
消費者金融 最短1時間 モビット
無利息期間 30日間無利息 × 30日間無利息
条件 プロミスを初めて利用すること 条件 初めてアコムを利用すること
Eメールアドレスを登録すること 35日ごとの返済を選択すること
WEB明細を利用すること 適用開始 契約翌日
適用開始 初めての借り入れ翌日    
申し込み方法 パソコン パソコン パソコン
ケータイ スマートフォン スマートフォン
スマートフォン ケータイ WEB完結未対応 ケータイ
自動契約機 ローン申込機 WEB完結未対応 むじんくん
三井住友銀行ローン契約機 電話 WEB完結未対応 店頭窓口
プロミスコール 郵送 WEB完結未対応 電話
お客様サービスプラザ(店頭窓口)   郵送
郵送    
審査時間 最短30分 10秒簡易審査 最短30分
カード受取時間指定 × × ×
郵送方法 簡易書留 簡易書留(郵便局預かりあり) 簡易書留
郵送差出人名 事務センター MCセンター ACサービスセンター

 

注目の仕方についてご説明していきましょう!

 

無利息期間

30日間の無利息期間を使うことでお得なキャッシングになります。プロミスは初めての借り入れ翌日から適用、アコムは契約翌日から適用となっています。無駄のない無利息期間ならプロミスになるでしょう。

 

申し込み

申し込み方法はいずれも充分な用意があります。審査時間も短いので問題ないでしょう。契約方法によってはカードが郵送となります。その際の受取方法を比較してみましょう!

 

簡易書留とは受け取り主がサインをすることとなりますが、その住所にいる方であればだれでも構いません。つまり、家族が受け取ってサインをすることもあるということです。
モビットには郵便局預かりがあり直接受け取りに行くことができますが、審査状況によって対応ができるかが変わるため、申し込み時に相談をしなくてはなりません。

 

ただし、申し込み時にはインターネット申し込み後、自動契約機でカードを受け取るという方法があります。自宅への郵送物がない契約ができることもチェックしておきましょう。

 

利用も考えた消費者金融選び

新規申し込み時ばかりではなく、利用も便利でなくてはなりません。大手消費者金融であればそれが十分に可能です。
ところが、どのような方法があるのか、その細かな点は異なりがあるため、自分にとって便利になるのか、不便になるのかもチェックする必要があります。

借入方法
プロミス モビット アコム
振込キャッシング 平日9時〜14時50分 振込キャッシング 平日9時〜14時50分 振込キャッシング 平日9時〜14時30分
三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座は24時間対応 提携ATM(カード申込のみ) 三井住友銀行 ゆうちょ銀行平日9時〜14時
店頭窓口 10:00〜18:00※店舗により営業時間、休日が異なる 三菱東京UFJ銀行 楽天銀行は24時間対応
プロミスATM 7:00〜24:00※ATMにより営業時間、休日が異なる セブン銀行 店頭窓口 平日9時30分〜18時
提携ATM 三井住友銀行(無料) イオン銀行 アコムATM 24時間営業
イーネット プロミス

提携ATM
(2014年2月現在)

三菱東京UFJ銀行
ローソンATM セゾンカード セブン銀行
セブン銀行 第三銀行 イーネット
東京スター銀行 福岡銀行 ゼロバンク
福岡銀行 親和銀行 ローソンATM
三菱東京UFJ銀行 熊本銀行 イオン銀行
イオン銀行 イーネット 三井住友銀行
第三銀行 ローソンATM 熊本銀行
熊本銀行 一部地方銀行 八十二銀行
西日本シティ銀行 信用金庫 親和銀行
横浜銀行 VIEW ALTTE 広島銀行
クレディセゾン Pat Sat 第三銀行
親和銀行   福岡銀行
広島銀行 東京スター銀行
八十二銀行 北海道銀行
  西日本シティ銀行
北陸銀行
クレディセゾン

 

 

提携ATMは多く充実しているため問題はないでしょう。ただし、提携ATMで利用手数料無料となるのは、プロミスの三井住友銀行ATMのみとなっています。その他の提携ATMは、利用手数料が108円〜216円がかかります。

 

振込キャッシングも便利ではあるものの、対応時間が限られています。特定の銀行口座があれば24時間対応になるため、用意しておきたい口座です。


 

返済方法
プロミス モビット アコム
インターネット返済 三井住友銀行 口座振替 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみ対応 インターネット返済 24時間対応
三菱東京UFJ銀行 銀行振込   口座振替  
ジャパンネット銀行 提携ATM(カード申込のみ) 三井住友銀行 銀行振込  
みずほ銀行 三菱東京UFJ銀行 店頭窓口 10:00〜18:00※店舗により営業時間、休日が異なる
楽天銀行 セブン銀行 アコムATM 24時間営業
口座振替   イオン銀行

提携ATM
(2014年2月現在)

三菱東京UFJ銀行
店頭窓口 平日10時〜18時 プロミス セブン銀行
プロミスATM 7:00〜24:00※ATMにより営業時間、休日が異なる セゾンカード イーネット
提携ATM 三井住友銀行(無料) 第三銀行 ゼロバンク
イーネット 福岡銀行 ローソンATM
ローソンATM 親和銀行 イオン銀行
セブン銀行 熊本銀行 三井住友銀行
東京スター銀行 イーネット 熊本銀行
福岡銀行 ローソンATM 親和銀行
三菱東京UFJ銀行 一部地方銀行 広島銀行
イオン銀行 信用金庫 第三銀行
第三銀行 VIEW ALTTE 福岡銀行
熊本銀行 Pat Sat 東京スター銀行
西日本シティ銀行 コンビニ返済 ローソン 北海道銀行
横浜銀行 ミニストップ 西日本シティ銀行
クレディセゾン ファミリーマート 北陸銀行
コンビニ返済(無料) ローソン   クレディセゾン
ミニストップ  
ファミリーマート
銀行振込  

 

 

充実した返済方法ではあるものの、やはり借り入れと同様にプロミスの三井住友銀行ATM以外では利用手数料がかかります。銀行振込にも振り込み手数料がかかりますが、その他の返済方法は手数料無料となっているため余分な費用を使わずに返済をすることができます。


 

利用明細書と通帳記載名義

注目したいのは利用明細書と通帳記載名義です。モビットでは利用するATMによっては、利用明細書が自宅に郵送されることとなります。振込キャッシング、口座引き落としなどの銀行口座を使った利用ではもちろん通帳に名義が記載されます。

 

  プロミス モビット アコム
利用明細書 自宅への郵送無し ATMによって自宅への郵送がある 自宅への郵送無し
通帳記載名義 プロミス、個人名 モビット ACサービスセンター

 

 

個人の通帳であれば確認されることはないかもしれませんが、万が一家族が通帳を開くことがあればどうでしょうか?
そこに消費者金融の名前があることで借り入れの事実が知られてしまうこともあるでしょう。


 

以上、ここまで様々な条件で比較してきました。
3つの消費者金融に絞っているのは、沢山あると迷ってしまうので特別に優れているものを厳選しました。

 

それでも最終的に選ぶとなると、なかなか難しいですよね。
そんなときに参考になるのはやはり利用者の生の声、つまり口コミではないでしょうか。

 

口コミで比較するメリット

口コミでは実際にその業者を利用したという方が、審査にかかった時間やもらえた融資枠、電話対応など様々な点についてありのままの評判を目にすることができます。数字などからではわからない、良い面や悪い面も見比べることができるのが口コミの良いところです。

 

口コミを参考にしてみますと、大手消費者金融の中でもやっぱりプロミスかアコム、この2大消費者金融のどちらかで借りようという方が多くなります。

 

プロミスとアコムは平成24年-25年の消費者金融業界営業収益シェア1位2位となっており、各シェアは30%程度、なんとこの2つの消費者金融だけで業界の60%ほどの割合を占めているからです。

 

プロミスとアコムがダントツ!この2社だけで業界の60%以上を占めているんだよ!

※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド

 

やはり、どうせお金を借りるのであれば、業績がよい多くの方から選ばれている消費者金融から借りたいと思いますよね。

 

多くの人に選ばれている理由

この2つの消費者金融が選ばれている理由は、大手で有名だからということもまずはそうなのですが、一つには融資スピードが早いという点があげられるでしょう。

 

申し込みをしてから審査結果の回答がでるまでは最短で30分程度、カード発行も近くに店頭窓口や無人契約機があれば郵送でカードが届くのを待つ必要がなく、申し込みから契約手続き完了・カード発行までは最短で30〜40分となっています。

 

大手は自動契約機があちこちにあるから急ぎの時も安心♪特にプロミスなら三井住友銀行の自動契約機も使える!

 

また、プロミスとアコムともに平日14時までに所定の手続きを完了すれば、来店せずに即日振り込み融資も可能です。

 

他にも、無人契約機の設置数の多さ、インターネット申し込みなどネット手続きの便利さ、手数料無料で24時間対応の振り込み融資が可能な金融機関があるなど、この2つの消費者金融が他社と差がつく点は多々あるわけです。

 

ではこのどちらかから借りようというときには、どちらで借りるべきなのでしょうか?

 

プロミスとアコムの2大消費者金融、どちらを選べばいい?

プロミスとアコムどっちにしよう?

 

金利や申し込み、審査などさまざまな項目について比較してみると、どちらも総合力としては高い消費者金融であることがわかります。多少差がつくとすれば昨年の結果ではありますが、審査通過率40%に近い割合を出しているプロミスがおすすめです。

 

ただ、プロミスの場合、金利に関しては初めての利用の方に対して30日間無利息サービス(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)を常に行っているという強みがあり、その点においてはプロミスの方に軍配が上がります。

 

またプロミスの場合には、電話対応の良さというのも見逃せない特徴です。電話対応の良さは口コミで数多くみることができるため、実際に利用した方たちが対応がよかった、と感じたからこその高評価といえるでしょう。

 

利息に関していえば、プロミスを利用した方がアコムやモビットを利用するよりもオトクになる、ということもいえそうです。

 

はじめての消費者金融を選ぶなら、やっぱりプロミス!
最短1時間

 

消費者金融に求められることとは

現在、消費者金融はどれだけの数があるかご存知でしょうか?
平成18年から平成26年のわずか8年の間に貸金業者は14,236業者から2,113業者にまで減っています。85.2%の減少です。
もちろんそのすべてが消費者金融というわけではないものの、貸金業者の中で消費者金融が占める割合は大きなものになるはずです。

 

日本貸金業協会が平成26年に行った調査があります。
個人が消費者金融に求めることにはどのようなものがあるのでしょか?

 

個人向け貸付に求められるキャッシングの特性

  • 金利が低い(63.7%)
  • 保証人を立てずに借りられる(46.4%)
  • 申し込みから借り入れまでのスピードが速い(45.3%)

 

個人利用者の貸金業者からの借入金額と期間

  • 100万円以内が76.4%
  • 1週間以内〜1年以内が47.1%

 

借り入れ申し込みを行った資金使途

  1. 趣味、娯楽(レジャー、旅行を含む)費用(46.9%)
  2. 食費(21.9%)
  3. 納税、納付などそのほかの支払い(14.4%)
  4. 医療費(13.1%)
  5. 家賃の支払い(12.4%)

 

借り入れ検討先として選んだ理由

  1. 審査が早い(52.4%)
  2. 借り入れ手続きが簡単(46.5%)
  3. 金利が低い(31.4%)
  4. 担保、保証人が不要(27.0%)
  5. パソコン、スマートフォンなどインターネットで申し込みができる(23.2%)
  6. 他人に気づかれずに借入ができる(12.4%)
  7. 知名度があり安心感がある(11.9%)

 

 

実際の利用者が消費者金融を利用するときに何を参考にし、何を求めていたのか、そして何のためにどのくらい使ったのかがみえてきます。多くの方が消費者金融に充実したサービスとスピードと求めてたどり着いていることがわかるでしょう。


 

消費者金融の選び方は千差万別

多くの利用者の意見を参考にして、自分が消費者金融に求める事柄を明確にしましょう!

 

  • いつまでに借り入れたいのか?
  • いくらを借り入れたいのか?
  • 自宅への郵送物
  • 在籍確認の電話
  • 借入方法
  • 返済方法
  • 毎月の返済額
  • インターネットの活用

 

大手消費者金融から選ぶこと、これは第一条件です。違法業者が金融庁の公開だけでも1,200を超えています。知名度の低い消費者金融を選ぶとそこは違法業者だったということは無きにしも非ずです。
また、大手消費者金融には充実したサービスとスピードがあります。それこそが、消費者金融を利用する意味であると言えるでしょう。