金利の上限を決めた利息制限法

消費者金融は金利が高い、そのようなイメージがあるでしょう。
確かに銀行カードローンに比べれば、全般的に金利は高く設定されています。
しかし、際限なく金利が高くなるのではなく、法律で決められた金利の上限があります。

 

利息制限法によって貸金業者が設定してもよい金利の上限が設定されています。
借入金額に応じて20%〜15%の中で3段階に分けられています。
貸金業法が改正される以前には、出資法も消費者金融からの借入金利として非常に重要な項目となっておりましたが、改正後には出資法が引き下げとなり、私たちが覚えておくべきは利息制限法です。

 

元金10万円未満 上限金利20.0%まで
元金10万円以上100万円未満 上限金利18.0%まで
元金100万円以上 上限金利15.0%まで

 

最大でも上限金利は20.0%までとなっています。
無限に高くなる消費者金融の金利ではないということがお分かりいただけたでしょう。

 

また、利息制限法を覚えておくことには3つの理由が挙げられます。

 

  • 違法業者を見抜く
  • 過去の過払い金を見つけ出す
  • 借り入れ金額に対する金利の目安にする

 

適正な金利を知ることで、闇金などの違法業者からの借り入れを防ぐことができるでしょう。
また貸金業法改正以前の借入があったときには、利息制限法と照らし合わせて過剰な利息を支払っていた場合には、過払い金返還を請求することができます。

 

最大のポイントは、不透明な消費者金融の金利をわかりやすくすることにあります。
融資限度額に応じて決められている銀行カードローンの明確な金利とは違って、利用が始まってみなければ適用金利がわかりません。
しかし、利息制限法を知ることで、借入金額に応じた上限金利がわかります。

 

 

利息制限法は消費者金融を利用する私たちにとって覚えておかなければならない法律です。


 

利息の計算方法を知ると返済が変わる

そもそも金利とはなんでしょうか?
借入残高に対して年間でかかる利息の割合が金利です。
そのため利息の計算方法は消費者金融だけではなく、銀行カードローン、住宅ローンなど、金利が表記されていれば変わりありません。
金利は、実質年率、借入利率とも呼ばれています。
この方がイメージがわきやすいかもしれません。

 

利息の計算方法を覚えておきましょう!
返済には必ず役に立つものであり、利息を節約することも、返済額を無駄にしないこともできます。

 

借入残高×金利÷年間日数×利用日数

 

返済をするごとに改めて計算しなくてはなりません。
なぜなら利息計算式の土台の一つになる「借入残高」が返済によって変わるからです。
つまり利用日数とは、返済日から次回返済日までの期間になります。

 

10万円を金利18.0%で借り入れた場合の30日間の利息
10万円(借入残高)×18.0%(金利)÷365日(年間日数)×30日(利用日数)=1,479円

 

これが10万円を借り入れたときの最初の30日分の利息、つまり、初回返済期日が1か月後だった場合に支払う利息となっています。

 

返済を続けていくと利息が変わります。
それでは、1ヶ月に一度の返済(30日ごと)で利息がどのように減っていくのかを見てみましょう!
毎月の返済額を10,000円として、返済をするごとに借入残高が減ることで利息が変わることがわかります。

 

返済回数 返済金額 元金 利息 残高
1 10,000 8,521 1,479 91,479
2 10,000 8,647 1,353 82,832
3 10,000 8,775 1,225 74,057
4 10,000 8,905 1,095 65,152
5 10,000 9,037 963 56,115
6 10,000 9,170 830 46,945
7 10,000 9,306 694 37,639
8 10,000 9,444 556 28,195
9 10,000 9,583 417 18,612
10 10,000 9,725 275 8,887
11 9,018 8,887 131 0
累計 109,018 100,000 9,018  

 

返済をするごとに元金が少なくなり、利息計算式に基づいて利息が小さくなっていきます。
また、もう一つの点に気がついたのではないでしょうか?
返済額の内訳です。

 

返済額の内訳は「利息充当額」とその残りが「元金充当額」となります。

 

例えば、10万円の借入残高で10,000円を返済した1回目の返済を見てみましょう。
返済金額は10,000円となっていますが残高は91,479円となっています。
10,000円を返済したはずが、実際には8,521円しか返済されていません。

 

利息計算式に基づいて、先に利息が計算されています。
「利息の決定が先である」ことを覚えておきましょう!
返済額をいくらにしたとしても、借入残高、金利、利用日数に応じて決められた利息は変わりありません。

 

返済額−利息=元金充当額

 

利息を考えた返済をしなければ、元金は思うように減らしていくことができません。
それでは必要最低限の金額を借り入れ、金利も適正な金利の場合、利息を節約していく方法はあるのでしょうか?

 

今一度、利息の計算方法を確認しましょう!
借入残高×金利÷年間日数×利用日数です。
必要最低限で適正な金利を使っている場合、節約できる項目は「利用日数」です。

 

ところがこの利用日数こそ、利息を節約するには非常に有効な項目です。

 

10万円を金利18.0%で借り入れた場合の30日間の利息

10万円(借入残高)×18.0%(金利)÷365日(年間日数)×30日(利用日数)=1,479円

10万円を金利18.0%で借り入れた場合の10日間の利息

10万円(借入残高)×18.0%(金利)÷365日(年間日数)×10日(利用日数)=493円

 

同じ借入残高、金利でも利用日数の違いが利息には大きな影響を出しています。
その差額は986円です。

 

 

利息は、利用日数の節約で大きく変わります。


 

無利息期間がある消費者金融がある

利息の計算方法は覚えておく必要があります。
しかし、消費者金融の中にはプロミスやアコムのように無利息期間があるキャッシングもあるということも覚えておきましょう!

 

プロミス

 

いずれも30日間無利息となっていますが、プロミスはまるごと30日間(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要)、アコムは最大30日間です。
短期間で完済ができる借入であれば、無利息期間は有効に使うことができます。

 

無利息期間の有効な使い方