モビット

実質的には大手消費者金融ではありませんが、人気の高さから大手の一つに数えられるようになったのがインターネット専業消費者金融のモビットです。

 

モビット
⇒モビットの審査申込はコチラ

 

モビットの無利息期間は?

金利 3.0%〜18.0%
最高限度額 800万円
返済額(10万円当たり) 4000円
遅延損害金利 20.00%
無利息期間 なし
利用条件 満20歳〜69歳
安定した収入があること
※パート、アルバイ、自営業者利用可能

 

モビットには無利息期間がありません。無利息期間がないことは大きなデメリットではありません。借入金額が少なければ利息の負担は大きなものではないからです。

 

利息の計算方法を知る

借り入れ残高×金利÷年間日数×利用日数、これで利息の計算ができます。例えば10万円を30日間、モビットの上限金利18.0%で借りた場合。支払う利息は1479円です。

 

モビットの申し込み方法は?

申し込み方法

 

パソコン
スマートフォン
ケータイ WEB完結未対応
ローン申込機
電話
郵送
自動契約機営業時間 9時〜21時 (2016年8月時点。店舗によって異なるため公式ホームページから確認が必要)
即日振込の条件 平日正午までに申し込みが完了している
必要書類 本人確認書類(いずれか1点) 運転免許証
健康保険証
パスポート
収入証明書類 源泉徴収票
確定申告書
給与明細書(直近2か月分)
所得証明書
税額通知書
WEB完結の場合 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行口座
社会保険証か組合保険証

 

WEB完結を利用する場合には申し込み方法が限定されます。パソコンとスマートフォンからのみになりますが、カード申し込みであれば一般的な申し込み方法すべてが利用できます。

 

即日振り込みキャッシングを利用するためには平日正午までに申し込み手続きが完了していなくては間に合いません。モビット公式ホームページには記載されていませんが、実際にモビットに問い合わせをすると平日の正午がタイムリミットになるとのことです。

 

WEB完結はカードレスキャッシング

カードを発行しないキャッシング、それがWEBキャッシングです。借り入れは振り込みキャッシング、返済は口座振替になります。プロミスであればカードレスキャッシングを選択しても後々カードが必要になったときに自動契約機でカードの発行ができますが、モビットは、あとからカード発行という選択はできません。

 

WEB完結は通常申し込みと比べて用意する書類が多くあります。振り込みキャッシング、口座振替と借り入れにも返済にも口座を利用するため対応銀行の三井住友銀行口座か三菱東京UFJ銀行口座を持っていなくてはなりません。また在籍を書類で証明するため社会保険証か組合保険証を提出します。

 

モビット
⇒モビットの審査申込はコチラ

 

モビットの審査は?

審査時間 10秒簡易審査
審査対応時間 9時〜21時
審査結果連絡 メール
電話
在籍確認 web完結は電話連絡なし
カード申込は相談で書類に変更可能

 

審査時間は10秒簡易審査、これはごく一般的な時間です。モビットでは「勤務先に電話なし」という大きな特徴があります。

 

WEB完結では申込書類に「保険証」と「収入証明書類」があります。これらで在籍を確認するものであり勤務先への電話連絡はありません。

 

モビットでカードを受け取るときには

カード受取時間指定 ×
郵送方法 簡易書留 郵便局留め
郵送差出人名 MCセンター

 

カード申し込みを選択するとカードの受け取り方法はローン申込機のほか郵送にも対応しています。全国展開はしているもののプロミスやアコムに比べると圧倒的にローン申込機は少ないため郵送を選択する方が多いでしょう。

 

郵便局留めに対応も可能

通常大手消費者金融でもカード申し込み時には簡易書留にしか対応していません。ところがモビットは簡易書留のほか「相談で郵便局留めにも対応」可能です。モビット問い合わせると申し込みが殺到している時には対応できないという回答がありました。申込時に確認するとよいでしょう。

 

モビットの借り入れ方法は?

振込キャッシング 平日9時〜14時50分
提携ATM(カード申込のみ) 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミス
セゾンカード
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
イーネット
ローソンATM
一部地方銀行
信用金庫
VIEW ALTTE
Pat Sat

 

WEB完結であれば振り込みキャッシングのみです。カードがあれば提携ATMから借り入れができますが、振り込みキャッシングには24時間対応はありません。
平日14時45分までに振り込みキャッシングの手続きを完了させることで当日の振り込みが実施されます。それ以降になると翌銀行営業日の9時30分前後に実施されます。

 

モビットの返済方法は?

口座振替 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行のみ対応
銀行振込  
提携ATM(カード申込のみ) 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
セブン銀行
イオン銀行
プロミス
セゾンカード
第三銀行
福岡銀行
親和銀行
熊本銀行
イーネット
ローソンATM
一部地方銀行
信用金庫
VIEW ALTTE
Pat Sat
コンビニ返済 ローソン
ミニストップ
ファミリーマート

 

返済は口座振替が基本です。ただし対応できる銀行口座は三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行しかありません。カードがあれば提携ATMの利用ができるため便利に活用ができます。

 

カードなしとあり、どっちが便利?

借り入れは最初の一度だけでありそれ以降には返済をするだけ。そのように使うのであればWEB完結でも十分でしょう。普段は口座振替で返済を行い、余裕があるときには銀行振り込みを使った追加返済もできます。

 

しかし平日14時45分までが当日振り込みキャッシングのタイムリミットになる。これは便利とはいいがたいでしょう。カードを使ったキャッシングが、利用後の利便性を考えると使いやすくなるでしょう。

 

モビット
⇒モビットの審査申込はコチラ